マンションの水道修理サービスには雨漏り調査もある

マンションの安全性を脅かす雨漏りの危険は調査で徹底的に調べる

住民の声にはすぐに応える~雨漏りの調査で快適なマンション~

雨漏りが起こると住民は不快に感じるでしょう。マンション選びをする際には、雨漏りの有無について調査すべきです。

雨漏りの放置で起こる損害

雨漏り

マンション経営をしていると、住民から雨漏りの苦情の入ることも時にはあるでしょう。この時オーナーのすべきことは、すぐに対処することです。もしクレームが入っていたにもかかわらず放置していると、雨漏りによって金属の腐食など建物がどんどん劣化してしまいます。また雨漏りによって、家電が故障するなど実質的な損害を住民がこうむった場合、マンションのオーナーの過失・管理不行き届きによる損害であると賠償請求されることもあります。

雨漏り調査を依頼しよう

雨漏り調査は誰に依頼するべきですか?
雨漏り調査はやはり業者にお願いするのがベストです。ただし雨漏りを専門的に取り扱っている業者はありません。雨漏り調査をしている業者は、板金屋や防水屋、リフォーム屋、塗装屋などが本業とは別にサービス展開していることが多いです。そして、どの部分で雨漏りが起きているのかを推測しましょう。その部分に強みのある業者に雨漏り調査を依頼すれば、より正しく現状を把握できるでしょう。
雨漏りの原因が分からないときはどの業者を選ぶべきですか?
雨漏り調査や雨漏り修理を依頼する場合には、専門分野と実績についてチェックしましょう。雨漏りの検査をする際には、複数の業者に依頼するのも一つの方法でしょう。そして正確に検査結果を出してくれるか、担当者の説明などを聞き、信頼して任せられそうな業者かどうかをチェックしましょう。また雨漏り修理を依頼する場合には、どのような人が工事担当者なのかも確認しておきましょう。

マンションの雨漏り~大家が責任を負う~

マンションで雨漏りが起きた場合、大家さんは速やかに対処すべきです。雨漏りの責任を背負っているからです。

大家の責任範囲

修理費用の負担は入居者の過失であれば入居者、それ以外は大家さんの負担が一般的です。雨漏りの場合、入居者の過失というよりも自然災害や経年劣化によるところが大きいです。ですから、借り主に責任があることはまずないでしょう。そうなると雨漏りの修理をする場合、大家さんがその費用を負担します。また、民法で最低限生活できる部屋を提供することが大家さんの義務となっているので、雨漏りを放置することも許されません。

雨漏り修理業者の意見

家財が雨漏りで濡れた場合も大家に損害賠償請求が来るようです。(雨漏り修理業者)

私どもは雨漏り調査や修理を何度も行なってきました。その中には賃貸マンションの雨漏りトラブルもあります。何度か修理を行なった賃貸マンションの大家さんと話をしてみると、もし雨漏りによって入居者の家財に何らかの損害があった場合には、損害賠償を負わないといけないみたいです。ですから雨漏りが発生しているのであれば、すぐに業者に相談した方が良いでしょう。

早めの対処が肝心

雨漏り修理を入居者から求められた場合には、速やかに雨漏り調査・修理を開始すべきです。もし対応が遅れると損害も大きくなって、賠償額も増えてしまいます。雨漏り調査をして見積もり作成し、作業に移行するまで多少の時間がかかるのでクレームが入ったらすぐに行動すべきです。  

TOPボタン
放置は危険!水漏れ修理業者でできるマンションの雨漏り調査