いろんな選択肢がある雨漏り調査の種類

マンションの安全性を脅かす雨漏りの危険は調査で徹底的に調べる

マンションでの雨漏り調査~住人へ影響は?~

雨漏りがマンションで起きていれば、業者にお願いをして雨漏り調査をします。この時、住人への影響も検討する必要があるでしょう。

散水や目視による調査

雨漏り調査の中でも一般的に実施されているのは、目視と散水試験です。散水試験とはマンションの水をまいて、どのような経路で水が浸入しているのかをチェックする方法です。散水試験は目視よりも大掛かりになりますが、詳しい検査をする意味でもおすすめです。できればさらに詳しく検査するために、最先端の雨漏り調査も導入しましょう。なぜなら、雨漏りは住民に影響があるため、入居者に雨漏りの原因などを説明し納得してもらう必要があるからです。

最先端の雨漏り調査

発光液
最新鋭の雨漏り調査として、発光塗料を使ったレインボービューシステムがあります。塗料が光ることで、水の侵入口から出口に至るまで、その経路がよりはっきりと特定できます。レインボービューシステムを採用することで、複数個所の原因も特定しやすくなりました。構造や工法に関係なく、どんな建物にも適用できるのも魅力です。
赤外線
赤外線サーモグラフィーを使った雨漏り調査も導入されつつあります。熱画像を使って分析するので、目では確認できないような漏水個所も発見できます。また雨漏り修理をした後で赤外線サーモグラフィーを使用することで、雨漏りが本当に止まったかの検証もできます。熱画像を使って説明できるので、住民の納得も得やすくなるメリットもあります。

住民や建物への影響もない

レインボービューシステムは、発光作用のある検査液を建物にかけます。これは蛍光増白剤と言って、白さを増すためによく使われている薬液で繊維や紙を傷めることがありません。よって、建物に影響するものではないです。蛍光増白剤は洗剤にも使われているので、人体への影響の心配はないです。ですから、住民が何らかの被害をこうむることはないでしょう。  

TOPボタン
マンションで行なう調査|放置は危険!水漏れ修理業者でできるマンションの雨漏り調査