雨漏りトラブルで水漏れ修理と調査が必要になった際の対応

マンションの安全性を脅かす雨漏りの危険は調査で徹底的に調べる

雨漏り発生時の大家の行動~正しい情報を知っておく~

自分の所有しているマンションで雨漏りが起きることはままあります。この時、適切な対処ができるかどうかは重要です。

雨漏りがトラブルの元になる

賃貸マンションで雨漏りが発生した場合、その支払いは大家さんが基本的に負うことになっています。ただし借り主の故意によって雨漏りが発生した、雨漏りといっても軽度で入居者が日常生活を送るにあたって支障の生じない程度であれば、大家さんに雨漏りの費用負担する義務のないケースも考えられます。この線引きについては、明確な条件がないので難しい所です。トラブルが起きないようにするためにも、雨漏りと修理費用負担について予備知識を持った方が良いでしょう。

大家なら知っておきたい事

マンションで雨漏りが発生した場合、修理費以外に大家が支払うお金はありますか?
雨漏りの修理代金以外にも、雨漏りが原因で家電などが壊れてしまうなどの修繕費用や雨漏りでオフィスが営業できなくなった・売り物に損害が出てしまったなどの場合における営業補償、雨漏りが原因とみられる入居者のけがや病気に対する見舞金などを負担しなければなりません。雨漏りが原因でも、入居者の損害賠償責任があると思いましょう。

雨漏りが発生したので家賃を下げてほしいと言われたのですが…。
例えば大家さんが入居者からの雨漏り調査・修繕の要求が出ているのになかなか対応してもらえないという場合には、家賃の値下げ交渉を求められることもあるでしょう。このような値下げ交渉については、法律でも認められています。入居者の中には、弁護士を通して家賃の値下げ交渉を求めてくるような事例もあるかもしれません。

雨漏りを放置する理由はない

雨漏りが起きると鉄骨などの金属の腐食やカビ・シロアリが発生しやすくなって、建物の構造的な問題が起こりえます。またマンションの資産価値も下落します。大家さんにとっても入居者にとっても、デメリットしかないです。ですから、雨漏りが発生していると入居者から報告があれば、速やかに雨漏り調査と修繕を進めるべきです。

TOPボタン
大家の対応|放置は危険!水漏れ修理業者でできるマンションの雨漏り調査